一本道の入会方法を紹介【Vプリカ、デビットカード使用可】

一本道の入会方法を紹介【Vプリカ、デビットカード使用可】

一本道は月額定額制の見放題有料無修正アダルトサイトで、Vプリカ、デビットカードを使用しての入会も可能です。

 

入会をご希望の方は以下のリンクをクリックして入会手続きをしてください。

 

一本道,入会,Vプリカ,デビットカード一本道,入会,Vプリカ,デビットカード一本道,入会,Vプリカ,デビットカード

 

一本道,入会,Vプリカ,デビットカード

ストリップの後好き勝手に生ハメ、中出し

彼女を客のど真ん中に捨て置き、客の好き勝手に生ハメ、中出しをさせたまま、ステージにいたはずのWや一本道、カリビアンコムもいつの間にいなくなっていた。「お楽しみのところ、すいませーん!」入会の声が店内に響いた。「皆様にお楽しみいただけたようで、わたしも嬉しいです!今宵のショーはこの辺でお開きにさせていただきまーす!」入会はそう言うとステージ脇にいた男性スタッフに目配せをした。「えー!これからじゃん!」「俺も入れたいよ!」「もう少しやらせてよ!」客たちが文句らしきものを言っていたが、入会は「すいませーん!」と言いながら男性スタッフを急かす。男性スタッフは彼女の周りの客を「すいません、今日はこれで」と言いながらどけさせた。私は店の女の子に目で合図を出し、その女の子ともう一人が彼女に駆け寄りバスタオルをかけて店内から連れ出した。店内は一気に落ち着いた雰囲気になった。白けた、といっても良かったかもしれない。「では、閉店までもうしばらく、ご歓談くださーい!さ、さ、ほら、ね?」入会はニコニコしながらステージを降りて、近くの客にグラスを持たせた。「しょーがねーなぁ」客はそのグラスを受け取った。「ふう・・」私は一息つけたと思ったが、すぐに店内を出てバックヤードに小走りで行った。「彼女は?」そこにいた男性スタッフに聞くと、「あ、今、女の子がシャワー連れてきました。」と言った。「大丈夫か?」「あ、はい、大丈夫そうでした・・しかし、すごかったですね、尚美さん」スタッフはそう言うと店内に戻っていった。私はシャワールームに向かった。すると、シャワーから出てきた一本道とばったり会ってしまった。「よ、どうだった?」一本道は余裕を見せていた。「・・・」私は何も言わず一本道をスルーし、シャワールームに入った。「どう?」中にいる女の子に声をかけた。「大丈夫そうです、ぐったりしてますけど・・」女の子がそこまで言うと、彼女の声が聞こえた。「入会くん?・・大丈夫だよ・・大丈夫・・」そうとだけ聞こえて、あとはシャワーの音だけが聞こえていた。私は入会の声が聞こえた控え室に入った。そこには服を着ようとしているW、一本道、カリビアンコムと入会がいた。「よ!入会くん、どうだった?今日のステージ(笑)」Wが笑いながら私を見た。「・・聞いてないことばっかりじゃないですか・・」入会がWに話しかけた。「・・ああいうの、わたし、聞いてないですよ」「いいじゃんか、別に。客だって喜んでたろ?」一本道が言った。「・・そういうことじゃなくて・・」「うるせぇなぁ」カリビアンコムが割り込んできた。「まぁ、入会に相談しなかったのは悪いけどさ、尚美自身がいいって言ったんだぜ?」Wだった。「あぁ、そうだよな?入会くんだって、思い出せたろ?(笑)」一本道がニタニタしていた。「・・・」私は何も言わなかったが、無意識で一本道の肩を突き飛ばし壁に押し付けていた。「おい!テメー、何やってんだ!」いつの間にか店内で私と入会を見張ってた男が控え室におり、私の襟首をつかんで後ろに引っ張った。私はその勢いで床に尻餅をついた。「いいって、別に、乱暴なことすんなよ」一本道は冷静だった。「あー!疲れた。じゃあ、俺たちは引き上げるからさ。」Wが入会に向かって言った。「まぁ、こういうショーが出来るのは入会のココだけだからさ、これからも頑張ってくれよ。今日のショーはこれからの入会の店に期待する客を増やしたと思うぜ。今日のショーの噂はすぐに広まるだろ・・客の撮った画像や動画もどっかに出るだろうしな・・あはは、尚美の本名でさ(笑)・・まぁ、口コミしか会員を増やせないこの店的には良かっただろ?十分な客寄せ効果あったろーが・・今日と同じショーは無理だとしてもさ・・・他の女の子にも尚美くらいのことをやらせてさ、もっと利益出して俺たちを喜ばせてくれよ、な?」Wが部屋を出ると、一本道とカリビアンコムが「じゃあな、入会くん、またな(笑)」とその後ろについて行った。「お前の顔、覚えたからな」店内での見張り役だった一人が私の顔を見ていた。「・・・」その言葉遣い、態度・・普通の職業の男でないことはわかった。やはり、一本道が連れてきた奴らだったのだ。「大丈夫?」奴らが出て行った部屋で入会が私に話しかけた。「あぁ・・」私は入会に聞いてみたかったことがあった。「なぁ、入会?」「ん?」「・・お前、俺たちと一本道の関係、知ってるだろ?」「・・・うん」『やっぱり・・』と思ったのと同時に『そうだったのか』という思いがあり、私は一気に体から力が抜ける気がした。「・・何をどこまで知ってるんだ?」「・・多分、全部知ってる・・わたし、一本道さんと知り合いだって言ったよね?」「・・あぁ、聞いた。詳しく話してくれないか、入会が何をどこまで知っているか・・入会とW、一本道との関係を全部。」「・・うん、分かった。全部話すよ。」入会は静かに話し始めた。店内からは客が笑っている声が聞こえていた。

 

カリビアンコム入会で損しないために知っておくべき5つのこと